BtoCは対個人向けに商品やサービスを提供する

BtoCは対個人向けに商品やサービスを提供する

そうして、その上でインターネット技術、XML技術などを利用して企業と企業の間でのプロセスをコンピュータ同士をつないで埋めるのがBtoBであってここまでのIT革命の進展と同様に、おのおのの企業が取り組まれていかなければならない。このキャップを埋めるように、1990年代は、組織の生産性を向上させる技術が開花しました。

これらは、企業内のチームやグループの生産性を飛躍的に向上させ、今では社内は高度にIT化させられるようになりました。しかしていながら、社外とのやりとりのプロセスはいまだにFAXや電子メールなどの人手に頼ったままです。

ここに、高度にIT化されました社内システムの生産性やスピードと、人手に頼った社外プロセスとのスピードのギャップが生じているのです。企業内でのLANの普及をベースに、電子メール、グループウェア、イントラネット、ERPやRDBMSなどを使った情報管理・共有により、社内業務の効率が大幅に向上しましたのです。

その結果としまして、個人の生産性と組織の生産性のギャップが顕著になってしまいました。オフィスにコンピュータが登場してしまったのは1980年代ですけど、この時代にはワードプロセッサ、表計算、会計ツールなどが普及し、それまで個人が手作業で行ってきた業務の生産性が飛躍的に向上しました。

つまり、今後のITが企業活動に貢献しないそしたらなることはない点は、高度にIT化された企業をつなぎ、そのプロセススピードと効率のギャップを埋めることなんです。オフィスにおいて生産性向上と、それに関与したITの歴史を見てみますと、今後企業間システム、その為「BtoB」が重要になりましてくることの必然性がはるかになるのでしょう。

世界的にインターネットが普及し、各企業を物理的につなぐことが容易で、かつ安価になっています。たとえると、「資料はとっくに完成してるのに、会議に必要な人が集まらなくなったので来週まで決定できません」などといいまやったことが発生するためになっていたんです。



BtoCは対個人向けに商品やサービスを提供するブログ:18-02-08

B2B戦略が考えられている現在、非常に気軽に興味付けが出来ます。一人で抱え込むのではなく経営コンサルタントなどに相談することでかなり効果的に企業同士商取引戦略が可能なので是非オススメです。


コンサルト会社に話を聞くことで色々なbtob知識を知れることが可能です。最近どのような企業間取引戦略があるのかということを見てみることを、筆者はオススメします。
いわゆる企業間取引ブログが現在においては相当あります。自分からみてぴったりのマーケティング方法実践をそのような企業と企業の取引戦略をしている人のサイトを確認し、選ぶとよいでしょう。


専門誌や週刊誌などで色々なB2B戦略が届けられています。そのような中には頼りにならない情報もかなりあるので、INTERNETのBtoBマーケティングブログなども参考にしてみてください。


コンサルト会社を選ぶ場合には、とにかくオンラインや情報誌などのいくつもの情報を熟読して、BtoBコンサルトの実績を把握しておくことが大切です。
コンサルト会社にアナタは話をしたことはあるでしょうか?コンサルト会社などに相談するのもけっこうオススメですが、いちばん大切なのは自社の信頼性なのです。


btobの悩みは会社にとって非常に問題です。「課題解決などを深めたい!」「俗に言うBusinesstoBusinessで数字を残したい!」BusinesstoBusinessには正しい計画をするのが一番です。



ホーム RSS購読 サイトマップ